ロングツーリング2012 in Hokkaido

8/14 中央へ向けて(4日目)
雨上がりの朝

▲ 定山渓の谷間が綺麗でした。

▲ 定山渓の谷間が綺麗でした。

ここからのツーレポは少し時間を開けて書いたのでちょっと雑になってます。

ごめんなさい。<(_ _)>

朝、起きると雨上がりの渓谷は素晴らしかった。

温泉宿の朝は早い。

温泉好きとして、朝風呂は外せないのだ。

昨日の雨のおかげで朝陽を浴びる景色はくっきりと、葉の一枚一枚まで美しく見えた。

 

 

 

 

 

 

▲ 朝食自慢の宿だけのことはある

▲ 朝食自慢の宿だけのことはある

朝風呂の後は、朝食の時間だ。

ここ食事は素晴らしいメニューだった。

ここ、章月グランドホテルは温泉だけでなく食事自慢の宿。

朝から昼飯を諦める程に鱈腹喰う。

>> 章月グランドホテル

 

大吉とのラストラン

▲ 羊蹄山と目指す

▲ 羊蹄山と目指す

▲ 大吉とも今日でお別れ

▲ 大吉とも今日でお別れ

スタートは定山渓からR230を南下するところから。羊蹄山へ向け走る。

これは、大吉が最終日にある所でレンタルバイクの返却の時間が必要なのであまり遠くへは行けない。

山間部を走るR230を中山峠へ。喜茂別交差を左折しR276へ、どこまでも続く快走路をひた走る。

 

 

 

 

▲ 羊蹄山の麓での3台ショット

▲ 羊蹄山の麓での3台ショット

私自身は、いつも時間の都合でこの辺りを走るのは避けていたのだが…

ここでも良い道を見つけてしまった。

R276京極町役場から道道97号へ、羊蹄山の東側を掠めて南下する。
この辺りで、残念ながら大吉のタイムリミットを迎えてしまった。
R276を引き返し西へと向かう。

三人共に別れを惜しみ、涙ながらに走る事に。笑

支笏湖を南側からかすめ苫小牧へと歩を進める。

 

 

 

再びペアの始まり

▲ 道の駅でベリーソフト

▲ 道の駅でベリーソフト

苫小牧市内のコンビニで大吉と別れた2人…

「さて・・・どこへ行くか。」
「昼飯は寿司でも食う?」

と、市内を寿司屋を探し求める旅へ。
走行中でも結構な速度が出ているので意外と止まれなかったりしていたのだが。
それにしても、良い店が見つからない。

街を外れてしまったので、予定を変更して中央へ向かうことに。

苫小牧西ICから道央自動車道を旭川方面へ…(?)
と…あれ?
東へ向かってない?

室蘭の看板が…

道を間違えた!!

高速を苫小牧西ICで降りて、燃料補給。
燃料補給しにここまで来たことにした。

R36を東へ、再度、苫小牧市内を抜け道央自動車道へ。
今度こそ北上。
千歳恵庭JCTから道東自動車道へ占冠ICへワープ。
R237を北上する。

▲ 旭岳の麓の宿に到着

▲ 旭岳の麓の宿に到着

R237東山やなぎからR38へ。

再び、R237を富良野へ
富良野から道道253号。
富良野市街地は意外と交通量が多く、そしてあまり面白くない。

この道道253号から道道298号で東側からパスすることができる。
ここは裏道快走路だけあって警察が多い。
やっぱり道中…補縛されている車両を見つけた。
(ナビコンのカーロケ無線の反応が無かった。最近反応がないのは気のせいではかったようだ。少し考えなければならないな…と)

▲ 滝が渓谷へ注ぐ

▲ 滝が渓谷へ注ぐ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 返信

コメントをする

 
お気軽にご質問・コメントなどを入力してください。

コメントを残す